本文へ メインメニューへ サブメニューへ

社会福祉法人武蔵野会 小平福祉園

トップ > サービス内容 > 児童発達支援事業「すけっち」

児童発達支援事業「すけっち」

平成28年度 事業概要

(1)定員 10名

(2)対象者

  • 未就学児(3歳から就学前)※1部2歳
  • 部屋がひと部屋のため、幅広い年齢及び車いす利用の方は利用が難しいです。
  • 医療対応の必要のない方

(3)クラスの案内

  • 単独1日クラス(週2日以上参加可能なお子さん)
    • 日時
      10時00分~14時00分
      月曜~金曜 定員 各日10名
    • 内容
      ★給食あり
      ★3歳以上で未就園児のお子さん、幼、保育園に通っているお子さんが対象
      定期的(週2回以上)に通園し、お子さんの状況に合わせて、集団生活でのつまずきをフォローします。
      必要に応じて他機関との連携をしながら支援します。
      プログラムにより、お子さんの状態に合わせきめ細やかな支援を行います。
  • 個別支援案内
    • 日時
      9時00分~9時50分・14時10分~15時00分
    • 内容
      • 目的
        個別支援計画を通して親の子育て支援を行い、子どもの成長発達を促す
      • 対象
        個別相談等において希望する乳幼児とその保護者。原則的に集団に属している親子を対象支援
      • 方法
        半年に1回、個別支援を行う
  • 送迎有り
    幼児専用のワゴン車で送迎します。利用が決まりましたらコースを設定しますので、バスポイントでの乗車にご協力をお願いします。

(4)1日の流れ

9時00分~9時50分 個別支援
10時00分 登園(送迎バス到着)支度自由遊び
10時30分 入室手洗いうがい水分摂取
10時40分 朝の集まり
11時00分 グループ遊び
11時40分 片づけ給食準備
12時00分 給食歯磨き
13時00分 自由遊び
13時30分 手洗いうがい水分摂取
13時45分 帰りの集まり
14時00分 降園(送迎バス出発)
14時10分~15時00分 個別支援

(5)支援内容

  • 個別支援
    個別支援計画を作成し、保護者と面談を行います。
  • 家族支援
    保護者との学習会を行います。
    懇談会を定期的に行います。
  • 言語指導
    希望する在園児を対象に、個別プログラムを用いて、一人ひとりに応じた指導を行います。
  • 機能訓練
    希望する在園児を対象に、理学療法士による機能訓練を行います。
  • 音楽療法
    音楽療法士が一人ひとりに応じた個別プログラムを作成して対応をします。

(6)予定している活動

  • 感触遊び
    紙・小麦粉・風船等、様々な感触を体験します。
  • 運動
    体育館でのかけっこなどの運動を行います。
  • 外遊び
    園庭でのかけっこ・砂遊び・プール・自由遊び等を行います。
  • お絵かき、工作
    色鉛筆、絵の具、のり、ハサミなどを使って工作を行います。
  • ねんど
    粘土・小麦粉粘土・プレイドー・ヘラ・型抜きなどの道具も使用します。
  • 音楽
    木琴・鉄琴・太鼓・鈴など、色々な楽器を体験します。
  • ともだち遊び、ゲーム
    鬼ごっこ、まねっこゲームなど、ともだちを意識できる遊びを行います。
  • 玩具あそび
    おままごと、プラレール、ブロックなど、玩具を共有して遊びます。
  • 散歩
    近隣の公園まで散歩に出掛けます。

(7)その他

  • 行事、遠足、お祭りなど

活動室などの写真


TOP